FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションのパンフレットは全てのスペック情報が把握できる「物件説明書」に注目


マンションの購入、1階と最上階、どちらがいいか。


マンションの購入で何階にするか、というのは誰しも悩むところ。1階は部屋に着くまでの時聞が短く、庭がついているという魅力はある。
また下の部屋に対して気がねする必要のがよいと思う人もいるかも知れない。しかし1階は泥棒に入られやすい等のマイナス面もある。一般的には、階が上がるほど価格も上昇する。

もし、お金に余裕があるなら最上階がおススメなのは間違いない。まず、見晴らしは最高、敷地内の通路や道路からの視線に悩まされることも無い。また上階からの騒音も無い。それだけで、最上階に住むメリットは多いとも言える。


【マンション 金沢】 横浜市金沢区の物件一覧リノベーションマンション特集


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



パンフの物件説明書は必読。


マンションのパンフレットは、間取りや外観、共有部分などの写真や見取り図が魅力的に掲載されている。しかし一番確認が必要なのは「物件説明書」である。

物件説明書は、そのマンションで数値に表せるものや文字として表せるものをすべて書かなければならないと定められている。逆に言えば、これを見れば全ての物件のスペック情報が把握できる。写真など見た目では判断ができにくい建物の構造や設備は、物件説明書でしっかりと確認する必要がある。


戸建は土地と建物を個人が所有できるがマンションではそうもいかない

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
スポンサーサイト
コメント:
トラックバック:
トラックバック URL
Comment Form








管理者にだけ表示を許可する






Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。